「カメラマン紹介」

Pocket

「なにげない日常、かけがえのない一瞬」

どうも、こんにちは、あおぞらフォトのKAMERAMANのタッキーあいず(會津 卓哉)です。

・1974年生まれ 青森県北津軽郡板柳町出身 青森市在住
・青森県立弘前工業高校 電子科卒
・ドリームプランプレゼンテーション(ドリプラ)青森2014 プレゼンター
・青森ALiカルチャーセンター写真講座2クラス講師(現在1クラスは休止中)

こちらでは
私が初めて1眼レフカメラを持った事から、

カメラマンになるきっかけ、
家族写真に対する想いを綴っています。

【初めてのデジタル1眼レフカメラ】

2006年に当時勤めていた会社の社員旅行でカメラがあると楽しいかもと思い、どうせ買うならとデジタル1眼レフカメラ(EOS Kiss Digital Xダブルズームキット)を購入。

これが私にとって初めてのデジタル1眼レフカメラでした。

それからも趣味として友人の結婚式や職場の行事を撮影していました。

また、
友人達と集まった時は友人の子供達と一緒に遊びながら子供達を撮る事でカメラとそして子供と触れ合うことが楽しくなり、
そしてその写真を友人に渡して喜ばれるのがとても嬉しかったのです。

私はカメラが楽しくて楽しくて仕方なくなっていました。

【次の仕事に悩んでいると…】

それでも写真を仕事にする事はなく、営業の仕事をしていました。

2013年春、
約1年の期間契約での仕事が終わり、次の仕事に悩んでいた時に友人から

「悩むのが趣味ならそれでいいけど」
と言われました。

写真が好き。カメラもある。子供と触れ合うのも好き。

私は好きな写真を仕事にしようと決め、
2013年6月からあおぞらフォトのカメラマンとして活動を始めました。

【嫌いだった父との別れ】

同じ年の11月に父を亡くしましたが父が嫌いだった私は少しさっぱりした気持ちがありました。

しかし、翌2014年の10月にある出来事をきっかけに父の想いを知りました。

ある野外イベントで小さなりんご木箱を作るワークショップのお手伝いをしていました。

その小さなりんご木箱は実は作った事がないのですが、普通に手が動いて作れてしまいます。

確かに子供向けのワークショップですので難しくもないのですが、器用でもない私が、簡単に作れてしまいます。

私は小学生の時に作った版画を思い出しました。

りんご農家だった父がりんご木箱を作っている版画です。

力強く釘を打つ父の姿です。

残念ながらその版画は残っていないのですが、
色々と教えてもらっていたのでしょう。

少し大げさに聞こえるかも知れませんが、
私には大きな衝撃でした。

【写真には家族との特別な時間を作る力がある】

その数日後、母とふたりで昔の写真を見直しました。

小さい頃に父と遊んだ記憶がなかったので、
「父からは愛されていなかった」と思っていました。
でも、出てきたのは子供の時に父と一緒に写った数枚の写真。

あまり多くない写真と共に、父との楽しい思い出が蘇りました。

軽トラしかない家でしたので叔父からセダンを借りて山に遊びに行った記憶。

波の音と灯台の灯りが差し込む旅館に泊まった記憶。

写真を観ながら母親とも普段出来ないような会話も出来ました。

私にとってとても特別な時間でした。
おそらく母親にとっても特別な時間だったと思います。

写真には家族との特別な時間を作る力と、記憶を呼び戻す力があると感じました。

「なにげない日常、かけがえのない一瞬」

 

これはあおぞらフォトのコンセプトです。

七五三や誕生日などの特別な日もすばらしい瞬間なのはもちろんですが、
いつもの日曜日に近くの公園で家族で過ごすなにげない日常。

そんないつもの時間も、かけがえのない一瞬ではないでしょうか。

何かにチャレンジしようとしている真剣な表情。
ママパパと遊んでる時のとびっきりの笑顔。
夢中になって走り回る姿。
転んで大泣きの顔。

そこにはもしかしたら親御さんも知らないお子さんの表情があるかも知れません。

【自分が欲しかった写真を撮っていた】

自分自身が欲しかった写真が「父、母と一緒に写っている写真」で、
その中でも「父、母が笑顔の写真」です。

コレは私がお客様のご家族の写真を撮り始めてから気付きました。

自分が撮った写真を観て「あー、私が欲しかったのはこういう写真なんだ」と。

その写真はお子さんが大きくなった時に、

お子さんが親になった時に、
必ずご家族を繋ぐツールとなります。

今は気付かなくても
「あー、お父さん、お母さん、こんなに笑ってるんだー」と気付く時が来ると思います。

今しかないその一瞬を記憶と共に残して欲しい。

写真を通して家族の未来を繋ぎたい。

そういう想いでシャッターを切っています。

 

2014年11月にドリプラ青森で「ひと家族にいち専属カメラマンが当たり前な日本にする」夢をプレゼンで発表。

ドリプラ青森2014でのプレゼン動画↓

現在は
・家族ロケーションフォト撮影
・七五三撮影
・お宮参り撮影
・バースデーフォト撮影
・各種イベントの出張撮影
・撮影会
・出張写真講座を開催しながら活動中。

スタジオは持っていませんので、すべて出張での撮影です。

【好きなモノ】
・写真
・デジタルカメラ(Canon)
・テニス(Volkl)
・スノーボード(GENTEM)
・フィルムカメラ(CONTAX)
・こぎん刺し
・青・赤・黒

【好きな食べ物】
・ヒラメ(鰺ヶ沢町産)
・天然ホヤ(青森県産)
・しとぎ餅(実家産)
・モンブラン
・コーヒー(Cafe des Gitanes)
・スンズゴ(アウガ地下)

【好きな言葉】
・ノリと感覚!

【使用機材】
カメラボディ
・Canon EOS 6D
・Canon EOS 7D
・Canon New F-1(フィルム)
・CONTAX RX(フィルム)
・Nikon F3/T(フィルム)

レンズ(単焦点)
・EF 35mm F2 IS USM
・Planar T* 1.4/50 ZE
・Planar T* 1.4/85 ZE
・EF 85mm F1.8 USM 他
レンズ(ズーム)
・EF 24-105mm F4L IS USM
・EF 70-200mm F4L IS USM

↓ママパパカメラマンに役に立つかもしれないブログ更新中!
あおぞらフォトのブログ

 「AOSORA PHOTO FBページ」←いいね!を押してもらえたら喜び跳ね踊ります。

Pocket